能登の米・水・技で醸す、力強さと喉越しの良さを併せ持つ、バランスの良い純米酒

竹葉 能登純米

甘味・酸味・渋味・苦味・旨味のバランスが良く、一口でそれらの味わいが楽しめる飲み飽きのしない酒。
しっかりとした旨味がありながら軽やかですっきりとした酒質は、濃厚な日本酒の苦手な方や、日本酒に飲みなれない方、海外の方にも好評です。

全ての原料を能登産で醸す『能登の恵みの酒』を目指して、契約栽培した能登産山田錦を原料米にしています。

*この商品は常温便での発送となります。また、糠漬け製品との同梱の場合はクール便の発送となります。但し、冷凍便との同梱は出来ませんので、別途送料が発生いたします。

  • 在庫あり
  • お届け日数:3~5日1

商品仕様

■蔵元:数馬酒造(石川県鳳珠郡能登町)

■造り:純米酒

■容量:720ml 
■原料米:能登産山田錦

■精米歩合:55%

■使用酵母:協会14号
■日本酒度:0

■酸度:1.7

■アルコール度:15~16%

■保管:冷暗所(開栓後は冷蔵庫)

 

味わい…すっきり

■甘辛:やや辛口
■飲みやすさ :さらりとした穏やかな口当たりで飲みやすい
■深み :淡麗

受賞歴

IWC純米酒部門シルバーメダル獲得(2014年ロンドン開催)
マドリッドフュージョン2014 出展酒
全国燗酒コンテスト2016 最高金賞
石川県優良観光土産品 県知事賞


飲み方

◎常温…無色で香りはほとんど感じない。味の第一印象は甘味が中心で旨味、酸味も感じる。飲んだあとも甘い余韻が残り、クドくはなく飲みやすい。すっきりとしたきれいな酒という印象。

◎ぬる燗…蒸した米のような甘い香りが立つ。味は甘味が突出した感じはなく、旨味や酸味が効いたまろやかな甘さ。とろみも感じる。

蔵紹介

数馬酒造は、江戸時代より味噌・醤油の醸造を生業としていましたが、その仕込み水が酒造りに好適であったことから、酒造りを始めました。

現在は「米を磨き、蔵を洗う。心を磨き、酒を醸す」という言葉を心に刻み、顔の見える酒蔵造りを目指しています。

全て能登産

原料の米・杜氏・水の全てにおいて、能登にこだわって作ったお酒で、能登町の瑞穂地区で生産農家と一緒に酒米である「能登山田錦」の米づくりから行い、能登の水を使い、能登杜氏が仕込んでいます。

仕込み水

能登半島の内陸部に位置する能登町(旧柳田村)。数馬酒造では、この地の山間から湧き出た水をタンクローリーで汲み取り、仕込み水として使用しています。元々、能登の水は酒造りに適していると言われていますが、とくにこの湧き水は硬度が1.7と全国トップレベルで柔らかく、口当たりの優しいふくらみのある酒造りには欠かせないものとなっています。

自家製米

数馬酒造は、能登の酒蔵で唯一自家精米を行っています。酒造りはまず米を磨くところから始まりますが、
米の真ん中の旨味の詰まった部分だけを使って、美味しいお酒が造られるのです。磨いたお米の美しさはまるで宝石のようで、そして1年で最も寒い季節に、能登杜氏によってゆっくりゆっくりと醸し出され、おいしいお酒になっていくのです。

これはお酒です。20歳未満の方への販売はいたしません。
20歳以上の年齢であることを確認できない場合には、酒類を販売をいたしません。