どっしりとしたコクのある飲み口と喉越しの鋭いキレ味

常きげん 山廃仕込純米酒

山廃ならではのしっかりしたコクと旨味があり、濃醇な味わいながらも、喉越しの鋭いキレの良さが持ち味です。名杜氏農口尚彦氏から山廃の技を受け継いだ鹿野酒造・常きげんの看板商品です。
常温はもちろん、ぬる燗・熱燗・燗冷ましでも美味しくお召し上がりいただけます。

*この商品は常温便での発送となります。また、糠漬け製品との同梱の場合はクール便の発送となります。但し、冷凍便との同梱は出来ませんので、別途送料が発生いたします。

  • 在庫あり
  • お届け日数:3~5日1

商品仕様

■鹿野酒造(石川県野加賀市)

■造り:山廃純米酒

■容量:720ml 
■原料米:加賀五百万石

■精米歩合:65%

■使用酵母:協会7号
■日本酒度:+3

■酸度:1.8

■アルコール度:16.5%

■保管:冷暗所(開栓後は冷蔵庫)

味わい…濃醇

■甘辛:やや辛口
■飲みやすさ :飲み口にキレがあります
■深み :奥行きのある円熟した旨味とキレのある酸味


飲み方

◎冷酒…清涼感のある飲みやすい純米酒という印象。口当たりや喉越しがサラリとし、酸味・甘味から苦味・渋味を感じます。

◎冷や・常温…ワインのような熟成感のあるふくよかな立ち香がし、味わいは濃醇で酸味があり、キレが良く、強さ・骨太さを感じます。後口で奥に甘味が感じられます。

◎ぬる燗…ふんわりとした旨味が広がり、常温時より酸が強く出て甘酸っぱい飲み口になり切れが増します。

このお酒に合うぬか漬け

最初の飲み口がしっかりしており、酸味や旨味が感じられますが、後口がほんのり甘くスッキリとしたお酒ですので、歯ごたえがあり何度も口の中で噛みしめるふぐのぬか漬け(糠棒ふぐ)のスライスしたものがおすすめです。

常温でお試しください。

蔵紹介

鹿野酒造は霊峰白山を望む加賀の地で、文政2年(1819年)に創業しました。「常きげん」という名は、ある年の大豊作を村人たちと祝う席で、4代目当主が「八重菊や酒もほどよし常きげん」と一句詠んだことにちなんだものです。

鹿野酒造が代々受け継いできたのは、「人、米、水へのこだわり」という基本です。

これら「人、米、水」という3つへのこだわりは、これまでもこれからも変わることのない鹿野酒造の原点です。

 

 

白水の井戸

古来より蓮如上人ゆかりの井戸として、飲み水としてはもちろん、広く生活水として親しまれてきた「白水の井戸」。昭和に入って30年ばかりは途絶えていたのですが、平成11年(1999年)に、この井戸を再興し仕込み水として使いはじめました。

いにしえからこの地にずっと湧き出ていて、鹿野酒造の酒造りに欠かせない軟水の仕込み水が出るこの井戸を、大切に守り続けています。

山田錦自社栽培田

「白水の井戸」から湧き出る霊峰白山からの伏流水を引き、恵みあふれる加賀平野の田んぼで育てる山田錦。

鹿野酒造の酒蔵に一番ふさわしい酒米を知るために、自社の田んぼで自分たち自らの手で米作りを続けています。

 

名杜氏 農口尚彦氏直伝の味

『酒造りの神様』として、その名を全国の日本酒の関係者に知られる農口尚彦氏。

その農口杜氏がこれまで在籍していたのが、ここ常きげんの醸造所である鹿野酒造さんです。

現在は、その農口杜氏の薫陶を受けた蔵人たちが、農口流を頑なに守り、より旨い酒を目指し、日夜、仕込みに励んでいます。

こだわりの山廃仕込

山廃仕込のお酒は、手間ひまをかけ、心を込めてできた最高の逸品です。

山廃仕込とは、正式には山卸廃止酛(もと)(酒母[しゅぼ])と呼ばれます。健全な酵母の働きには乳酸が不可欠ですが 、この造りは自然界の乳酸菌を利用するため、山卸(櫂入れ)を廃止した古式の仕込方法であり、通常の(速醸)造りより日数が2倍~3倍必要となります。
和食はもとより洋食にも最適であり、コシの強いコクと鋭いキレ味のお酒です。山吹色を呈するのが特徴です。

これはお酒です。20歳未満の方への販売はいたしません。

20歳以上の年齢であることを確認できない場合には、酒類を販売をいたしません。