輪島の風土が詰まった純米酒

奥能登の白菊 純米酒 輪島物語

石川県輪島市に蔵を構える白藤酒造店が、地元のお米と水で醸す「輪島」の風土が詰まった純米酒です。

輪島産の五百万石を60%まで磨き仕込み、丁寧に瓶火入れし瓶貯蔵した純米酒で、旨味と酸味のバランスが良く柔らかな味わいが心地よいお酒です。食事と一緒に楽しむのにぴったりの食中酒に仕上がっています。

*この商品は常温便での発送となります。また、糠漬け製品との同梱の場合はクール便の発送となります。但し、冷凍便との同梱は出来ませんので、別途送料が発生いたします。

  • 残りわずか
  • お届け日数:3~5日1

旨味と酸味のバランスが良く柔らかな味わいが心地よい純米酒

商品仕様

■蔵元:白藤酒造店(石川県輪島市)

■造り:純米酒

■容量:720ml 

■原料米:五百万石(輪島産100%)

■精米歩合:60%

■使用酵母:金沢酵母

■日本酒度:+3

■酸度:1.5

■アルコール度:16%

■保管:冷暗所(開栓後は冷蔵庫)

味わい

■甘辛:やや辛口

■酒質:濃醇旨口

■香り:セメダイン

■味わい:しっかりとした腰を持つ純米らしい純米酒で、ほんのりとした米の甘さと落ち着いた旨味に加え、濃厚な後口からは 柔らかな酸味も感じます。


飲み方

冷酒から熱燗まで幅広い温度帯で美味しくいただけますが、ぬる燗が一番おすすめです

能登はやさしや土までも

全量輪島産米

九代目蔵元の白藤喜一氏の念願だった全量輪島産のお米を使っての仕込みとなりました。

「能登は優しや土までも」と言う言葉がありますが、その土から生まれた純米酒です。

 

因みに、輪島物語の裏ラベルにはこう記されています。

 

「能登はやさしや酒までも」

奥能登の湧き水

 

仕込み水には奥能登の湧水を使用。

 

甘味すら感じるまろやかな軟水がお酒を美味しくしている一つの要因と言えるでしょう。

 

出来上がった酒の味わいは穏やかでやわらか。

 

米の旨みが甘みとして感じられる癒し系。料理の味わいをより一層引き立てます。

 

 

蔵紹介

白藤酒造店は江戸時代より廻船問屋、質屋を経て江戸の終わり頃より酒造業を始めた由緒ある老舗です。

廻船問屋時代の屋号「白壁屋」より白を、重陽の節句にある「菊酒」より菊をいただき「白菊」と命名しました。

「人と人とを繋ぐ酒を創りたい」九代目の目指す日本酒への想いです。


作業の多くは手作業。米は全て10Kgほどに分けて洗われ、秒単位の限定吸水にて管理。翌朝、昔ながらの和釜に甑を据え、強い蒸気で米を蒸します。

蒸し上がった米は丁寧に拡げて晒され、予定温度になるまで自然放冷。冬の冷たい空気が頼りです。

昼夜問わずの温度管理。山から引かれた軟水の仕込み水を用いて、醪は蔵の理想の温度経過を辿り、醸されます。

搾りは佐瀬式とよばれる方式で、二日かけてゆっくり丁寧にしぼられます。


受賞歴

2018年4月18日に酒類鑑評会にて優等賞を受賞

2018ブリュッセル国際コンクールのSAKE selectionにてプラチナメダルを受賞

 


これはお酒です。20歳未満の方への販売はいたしません。

20歳以上の年齢であることを確認できない場合には、酒類を販売をいたしません。