麦の素朴で柔らかい風味が日常の晩酌にぴったり

能登ちょんがりぶし 25°

厳選された国産大麦・大麦麹と天然の清冽な水だけを使い、能登杜氏伝承の技を活かし、こだわって醸造した本格麦焼酎です。

水割りでも、お湯割りでも、さらりとした口当たりで、素朴な麦の味わいが広がり、飲み飽きしない家呑みの定番焼酎です。

20度より度数が高い分コクが増し、さらにすっきりとさわやかに味わっていただけます。

*この商品は常温便での発送となります。また、糠漬け製品との同梱の場合はクール便の発送となります。但し、冷凍便との同梱は出来ませんので、別途送料が発生いたします。

  • 残りわずか
  • お届け日数:3~5日1

商品仕様

■蔵元:日本醗酵化成株式会社(石川県珠洲市)

■造り:麦焼酎

■容量:720ml 

■原材料:麦、麦麹(国産大麦100%使用)

■麹菌:白 100%

■貯蔵容器:ホーロー

■熟成年数:3~4年(複数年ブレンド)

■アルコール度:25度

■保管:冷暗所(開栓後は冷蔵庫)

味わい

■香り:麦のふんわりした香ばしさ

■濃淡:軽快

■味わい:口当たりはさっぱり、クセがなく、さわやかな飲み口で飽きがこず、いろんな料理に合わせやすい


飲み方

◎ストレート・・・口当たりはさっぱりして、味わいはまろやか。ふんわりとした麦の香ばしさが鼻に抜ける感じ。

◎ロック・・・キリっとした味わいで、麦の風味がとてもよく出て甘みも残ります。ロックでありがちな苦みも少し出て、重さも少し感じます。

◎ソーダ割・・・爽やかな味わいでシュワっとした感じとともに麦の風味が際立つ。甘みは薄まるものの、苦みはそれほど出ません。


麦・水・麹という3つの素材へのこだわり

素材のもち味が延命にあらわれる酒、本格焼酎に欠かせないのが「麦・水・麹」という3つの素材。それぞれが良質であり、全体のバランスも大切になります。

原料は100%、良質な国産大麦を使用。大粒でよりうまみの高い大麦を産地より直接仕入れ、雑味のもとになる成分の多い表皮部分の役3割〜4割を取り除いて、さらに磨き上げたものを焼酎造りにいかします。

本格焼酎に欠かせない麹(種麹菌)には主に白麹・黒麹・黄麹の3種があり、味の個性を形づくる素材のひとつとなります。当蔵で用いる白麹(河内菌白麹)は、原料の風味をまろやかにし、やさしい口あたりに仕上がるのが特徴で、むぎの魅力がより引き立つ麹です。


能登半島国定公園の深い自然の源となる山々。その黒峰連峯よりの伏流水は、飲んでおいしく、酒にしてうまし。当蔵では、本格焼酎にほどこす仕込み水はもちろんのこと、全行程にその清らかな能登の恵みの水を使います。

ちょん(間を)がり(つなぐ)ぶし(唄)~ちょんがり節

商品名の「ちょんがりぶし」ですが、本来は「ちょんがり節」と言い、奥能登の珠洲地方で相当古くから盆踊りや祭礼の時の囃された踊り唄です。 

かなり庶民に親しまれている歌なのですが、珠洲市のほか奥能登一円に伝わっています。 この歌は、幕末の頃、願人坊と言うお坊さんが能登の田舎を唄って歩いていたそうなのですが、その「ちょんがり節」と言う歌からから派生したものと言われています。 

ちょん(間を)がり(つなぐ)ぶし(唄)の名の通り盆踊りや祭礼の踊り唄として人々に親しまれています。


人と人とをつなぎ合わせる能登の人情が商品の質にもあらわれています

蔵紹介

日本醗酵化成株式会社は石川県内では唯一の本格焼酎を製造・販売している会社です。

創業は戦後まもない時代、奥能登の珠洲で焼酎造りに取り組んだのがはじまりです。

能登は里海里山の自然が凝縮された美しい半島ですが、その能登の気候風土を活かし、また能登杜氏伝承の技を活かした製法で丁寧に造っています。

 

 

九州の焼酎とは違った能登ならではの味わいがお客様に喜ばれています。

小さい蔵ならではの良さを生かし、熟成期間も他社に比べて長いのが特徴です。

10年以上のものあり、最長で30年熟成の焼酎もあります。

この土地ならではの気候風土の中でじっくりと熟成させた焼酎は、 またひと味違った独特のまろやかな風味も特徴であります。

 


これはお酒です。20歳未満の方への販売はいたしません。

20歳以上の年齢であることを確認できない場合には、酒類を販売をいたしません。